自動車を所有する人は承知だのはずですが、自動車税というものを支払う義務があります。そしてこの税金は、手放すクルマ買取時に一般に還付されるものなのです。こういったことは本当にやると理解できますがでは一つずつ順番に分かりやすく説明します。補足するならば国内で生産されている自動車だけでなく海外の車でも税金が返還されることに決まってます。当然ですが所有車などもそうです。自動車税は自動車を持っている人が払わなければいけないものですがこの金額は自動車の排気量で決められています。1リッターより小さいのであれば29500円となり1リッターから1.5リッターの場合34500円です。その後は500ccずつ5000円が乗ってきます。またこのお金は4月1日現在ののオーナーが年度内のお金を納めることになります。つまりは事前納付になるので当然自動車を売ってしまって所有者でなくなった場合ではその分の税は還付される事を意味します。この自動車税というのは先払いで来年3月までの自動車税を納付しますからその年度内に愛車を売却した場合には、買い取った所有者が自動車税を納めなければいけないということになります。買い取った相手が買取専門店であれば、引き取り時に先払いしている分のお金を返してくれます。つまり所有権が移った際以降の税額は新たなオーナーが支払い義務を負います。もしも自分が10月中に車を引き取ってもらった際は、11月から翌年3月の間までの自動車税は返還されます。それは、前述の通り自動車税は先払いであるということによるものです。ということは、前オーナーは買い取った相手に払いすぎたお金を返還してもらうということなのです。個人間で自動車を買い取ってもらう際に何気にこのような事実に気付かない方がよくいるため、確かめるようにすることです。自動車税という税金は自動車を売却すると返金されるという知識をあまり知っている人がいないからと言って、それを隠す悪徳業者もいるのです。こちらから返金に関して言わなければ、返金のことに触れないという場面もしばしば聞かれます。ですから車の買い取りをお願いする際には払いすぎたお金が戻ってくるかどうかを確認することを忘れないようにしましょう。

Copyright © 2002 www.keithadamsart.com All Rights Reserved.