一般的に任意保険とは強制保険である自賠責保険とは別に自賠責保険ではまかなえない補償を考慮している凄く重要なものです。これは任意の保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上乗せという役割で機能しますので、自動車損害賠償責任保険の支払い限度額を上回った際に登場します。それに、自賠責保険には対物損害に対しては保証されていないので対物損害をカバーする際にはさらに任意保険にも加入しておくことをお勧めします。現時点で任意保険を支払い済みのクルマを乗り換える場合は、国産メーカーの自動車やイタリア車というようなことは例外なく残存金額が戻ってきます。国産車を手放す場合でも同じことが言えます。自動車損害賠償責任保険の場合は普通はかけたままにしておくのが通例ですが任意保険というのは誰もが入るものではありませんからキャンセルになります。また任意保険を中途解約をすれば既に 納付済みの残っているお金が戻ってくるということになります。自動車の売買が成立した場合でもすぐさま任意保険をキャンセルするのはリスクがあります。当たり前ですが即解約するとそれだけ還付される保険料は増加しますがもし自動車買取のお店が遠くにあって、自ら持っていくことになったケースでは任意保険なしで運転をする必要があります。リスクを考慮して絶対この先自分で車の運転をすることはない状況になる時まで契約のキャンセル手続きはすることがないようにしましょう。自動車を処分し、即新しいクルマを購入するケースならば問題ないでしょうがしばらく乗らない状況が続き任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険に加入していない期間があると以前継続していた任意保険の等級が下がるため、保険料が上がります。こういった場合であれば「中断証明書」という書類を発行してもらうようにする必要があります。この「中断証明書」があれば、10年までは解約前の等級を継続することができます。また、13ヶ月以内は発行してもらうことが可能ですので、もしもすでにクルマを売られていて、「中断証明書」を発行してもらっていないケースでは保険会社やその代理店に中断証明書を発行していないことを伝えてください。もしもあなたが他の車を購入して、買ったのちに以前保有していた中古車を処分に出すのでしたら、任意保険の契約は片方のみの契約となります。保険の切り替えという処理ですから乗る必要がある自動車の場合は処分までには注意が必要です。それから任意保険というのは排気量や車種によって額が変わるので自動車買取の際は任意保険の保険料を振り返るタイミングにもなります。

Copyright © 2002 www.keithadamsart.com All Rights Reserved.