クルマを買い取ってもらう場合、車の買取時も印鑑証明という書類が必要になります。仕事 辞めたい アフィリエイト

この印鑑証明に関して解説していきます。

印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印として認められていることを証明するための正式な書類です。

この印鑑証明がないと使っている印鑑が実印で間違いないかどうかがわかりません。

高額な売買になる愛車の買い取りですので、実印が必要ですが、それと一緒に印鑑証明という書類が要るのです。

印鑑証明という書類を交付してもらうにはその前に印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。

印鑑証明書に登録する印は通称、実印と呼ばれていて世界で唯一の判子であることが必須です。

印鑑を準備して、お近くの市町村役場の取次ぎ所に行けば、印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードというものが交付され、その判子は実印として認められたということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうには市町村役場の案内係で専用の書類に必要項目を書き込んで、印鑑登録カードを提示するだけです。

他にも、自動交付機を使って印鑑証明を発行することができます。

印鑑証明には有効期限はないのです。

ですのでいつの印鑑証明であっても証明書としての効力は続くのです。

しかしながら、自動車売却の際には、必要になるのは3ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。

普通は有効期限を気にする必要はないのですが、車の売却のときには店側が必須となる有効期限を定めていますのでもしも中古車買い取りを考えている場合は、事前に用意しておくとスムーズに進みます。

Copyright © 2002 www.keithadamsart.com All Rights Reserved.